NGKとは?NGK News加盟コース一覧行政庁からのお知らせお問い合わせ
前のページへ戻る トップページへ戻る
NGK News
「リオデジャネイロオリンピック」(8/5〜21)ゴルフ競技について
(ゴルフ日程  男子8/11〜14、女子8/17〜20)
2016.7.25
オリンピックのゴルフ競技開催について、ゴルフ関連企業(ゴルフ場・ゴルフ練習場・ショップ等)のホームページ並びに館内等に掲示頂き、日本選手を応援し、ゴルフを盛り上げましょう!!
◆競技方法
  個人戦   72ホール・ストロークプレー
  出場者   男女 各60名出場 (日本選手は男女各2名出場)
◆開催場所  レセルバ・マラペンディゴルフコース 18H
         男子・6,522m Par71  女子・5,944m Par71
         設計 ギル・ハンス(米)
◆出場日本選手
         男子  池田勇太・片山晋呉
         女子  野村敏京・大山志保
◆競技日程
         男子  8/11(木)〜8/14(日)
         女子  8/17(水)〜8/20(土)
           日本時間 19:30〜28:00  最終日19:00〜27:50

「大学のゴルフ授業」の充実を目指した産学連携協定締結
「公益社団法人 全国大学体育連合」と「ゴルフ市場活性化委員会」並びに「公益社団法人 日本プロゴルフ協会」は、平成28年6月27日に下記の目的で連携協定を締結しました。
2016.7.1
【3団体による連携協力の目的】
 3団体の連携により、「大学のゴルフ授業」の更なる充実を図り、受講大学生の「ゴルフ」継続意欲を高め、生涯スポーツとしてのゴルフ実施率を向上させ、結果として、健康寿命の延伸を図るとともに、ゴルフ関連産業の経営安定化と継続を実現して地域社会の発展に貢献する。

【連携協定締結の背景】
 ◎「大学のゴルフ授業」は、大学生からは人気の高い授業科目であり、4年制大学782校で延べ約580の  体育授業で「ゴルフ」が導入されており、年間約数万人〜10万人が受講していると推定される。

 しかし、現状において以下の課題がある。
課題1.約580授業の大半が、学内施設での実施のみとなっている。
    コースデビューしていないため、受講学生のゴルフ継続意欲が低下。

課題2.「ゴルフマナー」に関し、若年層とゴルフ場側に意識の相違がある。
課題3.「ゴルフ授業」で使用される「ゴルフクラブ」が古い。
    また、教場環境に適したゴルフ用具が少ない。

課題4.授業を担当する大学教員の多くは、ゴルフが専門でないため、より良い授業のためには
    スキルアップが必要である。

課題.ゴルフ並びにゴルフ産業の現状等について、受講大学生に知識教育も必要。


◎ゴルフ界は、「団塊の世代」が現役をリタイヤすることによって生じるゴルフ人口減少問題への対応を迫ら れている。この課題解決に向けて、弊協会を中心とする「ゴルフ市場活性化委員会」では、20歳代後半〜30 歳代前半のゴルフ参加率を10%に高めるとの目標を定めて活動を行っている。

【直ちに実施可能な具体的対応策】

【「大学のゴルフ授業」の充実を目指した産学連携調印式並びに記者発表】


NGK・GGG共催 平成27年度「ゴルフ場の樹木管理セミナー」のご案内
〜ゴルフ場の貴重な樹木を健全に管理するための病虫害の診断と対策〜
2016.2.1

近年「ゴルフ界は環境問題に積極的に取り組む」ことが、基本的な課題として認識されています。地球温暖化への対応が世界的な課題として叫ばれている今日、日本ではゴルフ場の緑地としての機能が見直され、環境保全や生物多様性保全において大きな役割を果たす貴重な緑地として高い評価を得ています。

現在日本には約2,317のゴルフ場があり、その総面積は約27万ヘクタールで芝地と林地がほぼ半分の割合となっています。約5割を占めるゴルフ場の樹林地は、個々の樹木が適正に管理されることにより、その機能を最大限に発揮します。各ゴルフ場とも日々成長する樹木の管理においては、プレー面、芝草管理面並びに会員の思い入れ等を考慮した管理が要求されることから、様々な工夫やご努力を重ねられていることと推察申し上げます。

大切なゴルフ場の緑地機能を維持し、更に高めることがゴルフ並びにゴルフ場の健全な発展に繋がるものであると考え、「一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会」(NGK)と、「公益社団法人ゴルフ緑化促進会」(GGG)は協力し、ゴルフ場経営者、支配人、グリーンキーパー、造園建設業の皆様、樹木医、松保護士等を対象に、ゴルフ場の樹木管理に関する基礎知識、防除技術の研修を目的とした共同主催事業 『ゴルフ場の樹木管理セミナー』を、平成23年度から当面5年間計画で、毎年全国2ヶ所(東日本地区、西日本地区)で開催しております。

本セミナーは、ゴルフ場の貴重な樹木を健全に管理することを目的として、ゴルフ場で見られるマツ枯れ(マツ材線虫病)や木材腐朽病害等の病害に対処するとともに、広葉樹など新たな樹木の導入による管理方法や、設計者の視点から見たゴルフ場の樹木管理の重要性などについて、参加者の方々に理解を深めていただくために実施いたします。

つきましては、「平成27年度ゴルフ場の樹木管理セミナー」を別紙の通り開催いたしますのでご案内申し上げます。

 参加ご希望の方は、別紙「参加申込書」をダウンロードの上、FAXにてお申込み下さい。
◎東日本地区 平成28年2月26日(金) 八王子CC(東京都)     ◆開催要項  ◆参加申込書
◎西日本地区 平成28年3月7日(月)  平尾CC(愛知県)    ◆開催要項   ◆参加申込書

『ゴルフ場経営セミナー』(28.1.25大阪)開催のご案内
「ゴルフ市場再活性化」へのヒントを探る!!  ゴルフ場経営の健全化を目指すには・・・
2016.1.14
 平成28年1月25日(月)に新大阪ブリックビル貸会議室においてゴルフ場経営者・支配人等を対象とした表題のセミナーを下記の通り開催致します。「ゴルフ市場活性化策」「預託金償還問題(抽選償還制度・預託金償還ビジネスの対応)」等、ゴルフ場経営の諸問題について講演並びにパネルディスカッションを行います。
 日時・場所  平成28年1月25日(月) 13:00〜17:00 (受付12:30〜)
          新大阪ブリックビル貸会議室 3階AB会議室 (新大阪駅西口出口徒歩3分)
 参加費    15,000円/人   定員・・100名
 セミナー概要
  第1部 「ゴルフ人口拡大のターゲットは!!」
       屮拭璽殴奪版齢層」はどこか 〜20歳代への参加率の引上げ〜
   ◆崑膤惻業におけるゴルフ」実施上の問題点とゴルフ業界とのコラボレーションを探る
   静岡県ゴルフ場協会の先進事例「スクールゴルフプロジェクト」(高校授業にゴルフ)
  第2部 「預託金償還問題の事例発表」
   〕詑金償還対策としての「抽選償還預託金制度」と会則整備
   ◆嵳詑金償還ビジネス」対策について (実態調査報告と対策)
   質疑応答
  第3部 コスト削減の切り札「ゴルフ場共催共同組合」設立について
    峪楡瀁綵共催・入場者包括共催」による保険料削減

 参加ご希望の方は、別紙「参加申込書」をダウンロードの上、FAXにてお申込み下さい。
     こちらをクリック ⇒ 【セミナー開催案内・参加申込書】


事業場における労働者の健康保持増進のための指針の一部を改正する指針等について 2016.1.7
 平成26年6月に公布された労働安全法の一部を改正する法律による労働安全衛生法の改正により、平成27年12月1日から労働者の心理的な負担の程度を把握するための検査及び面接指導の実施並びに面接指導の結果に基づき事後措置の実施が事業者の義務とされるところであり、同法の規定に基づき公表されている労働者の健康管理等に関する4指針について、11月30日付けで所要の改正が行われ、平成27年12月1日より適用されることになりました。詳細につきましては、上記URLにてご覧いただき、これに基づき、労働者の健康管理が適正に行われるよう関係者に対する告知依頼がありました。
(一部抜粋) 労働者50人以上の企業に「ストレスチェック」を義務付けし、毎年1回、労働省に報告、医師等の費用は企業負担で実施する。実施目的はメンタルヘルスの不調などの未然防止。

    参照 wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T151208K0010.pdf
(厚生労働省労働基準局長より)



ゴルフ場利用税の課税状況からみたゴルフ場数・利用者数等の資料公表 2015.11.09
 当経営者協会では、都道府県税務課のご協力を得まして、ゴルフ場利用税の課税状況からみたゴルフ場の実態について、毎年集計結果を公表しております。
 この度、平成26年度の全国集計がまとまり、冊子にしあげました。
 そこには、ゴルフ場数・利用者数及び利用税額等の推移、県別の等級決定基準と税率、更にはゴルフ場利用税の非課税状況、課税の特例の実施状況、特別徴収(義務者)事務取り扱い等をまとめております。
 会員各位には、参考に供するため既に送付いたしました(10月)。
 その一部をここに公表いたします。 参照をご覧ください。
 会員各位におかれましては、更なる詳細は送付資料をご覧下さい。

  <ゴルフ場利用税の課税状況から見たゴルフ場の数・利用者数の推移(平成27年10月)>



債務保証事業に係る「債務保証基金150,000千円」取崩しについて 2015.7.1
 標記に関し、平成27年5月28日開催の第3回定時総会にておいて、指定正味財産から一般正味財産に移管することが承認可決されましたので、お知らせ申し上げます。
なお、本件に関するお問い合わせは、下記の事務局までお願い申し上げます。
       一般社団法人 日本ゴルフ場経営者協会 事務局  電話番号 03-3864-6701

      ◎債務保証事業に係る「債務保証基金150,000千円」取崩しについて・・・PDF・・・・PDF


文部科学省が推進する「土曜学習応援団」に賛同団体として登録しました 2015.3.10
 文部科学省では、「子供たちの健やかな成長のためには、土曜日の教育環境を豊かなものにする必要がある」として、下記の3形態で土曜日の教育環境の充実に取組んでいます。

《土曜日の教育活動の形態》
◆形態  崚斃房業」・・・子供たちは全員参加
  児童生徒の代休日を設けずに、土曜日を活用して教育課程内の学校教育活動を行う。
◆形態◆ 崚斃砲硫欒絢業」・・・希望参加者
  学校が主体となった教育活動ではあるが、希望者を対象として教育課程外の学校教育を行う。
◆形態 「土曜学習」・・・希望者参加
  学校以外の者が主体(教育委員会等の公的なもの、企業等の公的なないもの)となって、希望者を対象として学習等の機会を提供。

《「土曜学習応援団」の背景》
 学校週5日制を実施してから12年が経過し、土曜日を必ずしも有意義に過ごせていない子供たちが少なからず存在している。平成26年度は約40%の学校や学校区で、土曜日に何らかの教育活動が実施されており、これらには社会人の参画が容易であるとの長所があるため、企業・団体等の講師派遣等による「土曜授業」「土曜の課外授業」が実施されている。そこで文部科学省より、スポーツ関係の「土曜学習応援団」が少ないこと、ゴルフ場には広大なフィールドがあることから、ゴルフ関連の弊協会に賛同依頼があり、対応することとした。

《具体的な対応》
【応援実施の流れ】 ※文部科学省より全国の学校へは本施策については通知済み
 学校(校長)→応援依頼→地方自治体→文部科学省→日本ゴルフ場経営者協会→当該地域の会員ゴルフ場

【ゴルフ場にお願いしたい学習活動の例】
 ◆学校や公民館で実施するもの
  ・プロゴルファーやゴルフ場経営者の方による講演 (ゴルフの魅力について)
  ・プロゴルファーとしての心構えや活動 (日本プロゴルフ協会と連携を図る)
  ・魅力あるゴルフ場について
  ・スナッグゴルフ教室
  ・環境教室 (ゴルフ場の緑化機能や環境に配慮したゴルフ場管理など)
 ◆ゴルフ場において実施するもの
  ・長期休み期間中等における、初心者講習会・職場見学等
  ・ゴルフ場見学、親子教室等の開催

《参考》
 ◎「土曜日の教育活動推進プロジェクト」(文部科学省)
    http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/doyou/1344406.htm
 ◎「土曜日教育ボランティア応援団」(文部科学省)
    http://doyo.mext.go.jp/
 ◎日本ゴルフ場経営者協会宛て文部科学省からのお願い → PDF

「2015年第1回日本ゴルフサミット会議」が開催され【2015年活動方針4項目】と「ゴルフ活性化」のための【戦略目標】と【主要戦術課題】を決議 2015.1.21

 「日本ゴルフサミット会議(ゴルフ関連17団体)」が2015年1月21日(水)に開催され、2015年活動方針を決議しました。併せて「ゴルフ市場活性化委員会(GMAC)」と「公益社団法人日本プロゴルフ協会(PGA)」より、共同提案した「ゴルフ活性化」への【戦略目標】及び、それに対応する【戦術課題】について、「日本ゴルフサミット会議」の共通認識とすることが決議されました。
  [2015年活動方針]
    .乾襯佞粒萓化を図る
    
▲乾襯嫋賤用税廃止運動の継続
    9餡噺務員倫理規程改正の取り組み
    に塾話津反社会的勢力の排除

  
  ◎「ゴルフ市場活性化委員会」、「公益社団法人日本プロゴルフ協会」提案書
  ◎ゴルフ市場活性化のための戦略目標と主要戦術課題



「潜在的ゴルファー2,000万人を掘り起こす市場戦略、預託金償還問題をスムーズに進めるためのベースは何か」
 斯界の専門家によるセミナー開催のご案内
2014.09.17
 本セミナーも今年で4年目となり、皆様より好評を得るに至っております。本年は前年までに皆様から頂いたご意見を参考に、ゴルフ業界喫緊の課題であるゴルフ人口増加策、預託金償還問題を進めるための事前整備を斯界の専門家による講演並びにパネルディスカッションにより、皆様に解りやすく解説をすることを目的として開催いたします。
【日程・場所】
 ○大阪会場  平成26年11月7日(金) 13:00〜17:00 (受付12:30〜)
           新大阪丸ビル別館 4-1号室 (JR新大阪駅東口・徒歩2分)
 ○東京会場  平成26年11月21日(金) 13:00〜17:00 (受付12:30〜)
           TKP有楽町会議室 (JR東京駅八重洲口・徒歩4分)
   ※東京会場は、倉本昌弘PGA会長の個別講演も第1部にて予定しております。
【参加費】    15,000円
【募集人数】   各会場100名 (定員になり次第、締切り)
【プログラム】
 第1部 「潜在需要層2,000万人を掘り起こす市場戦略とは何か」
   講師:廣瀬恒夫(日本スポーツマーケット研究所所長)
       倉本昌弘(PGA会長) ※東京会場のみ出席
 第2部 「預託金償還問題をスムーズに進めるためのベースは何か」
   パネラー:服部弘志 (弁護士・シティ法律事務所)
         船橋茂紀 (弁護士・ノイエスト総合法律事務所)
         降旗貞夫 (元・日本ゴルフ場経営総合研究所・専務理事)
 質疑応答

※参加ご希望の方は、別紙「参加申込書」をダウンロードの上、FAXにてお申込み下さい。
      こちらをクリック ⇒  参加申込書 

「企業の内部不正防止に関する緊急セミナー」報告 2014.09.01
経済産業省より、「先般、教育関係の企業において、内部不正により極めて多数の個人情報が漏洩する事件が発生し、多くの保護者や国民が不安を感じており、その払拭が喫緊の課題」として、個人情報保護法等の遵守に万全を期して頂くよう、周知するよう要請されました。(特に、下記の3点)
○ 経営者が率先して、自社内における個人情報の管理体制を構築し、役員クラスの責任者の任命や、個人情  報を取り扱う専門部署の設置等、十分な措置を講じること。
○ 委任先の安全管理措置の実施が十分かを確認すること。また、委任先が再委任する場合には、事前に承認 を求めるようにするとともに、再委任先による安全管理措置の実施が十分かを確認すること。
  再々委任先移行についても同様の扱いとすること。
○ 第三者から個人情報を取得する場合には、当該情報について、その入手方法等を確認すること。
  適法に入手されていることが確認できないときには、偽りその他不正の手段により取得されたものである可能 性もあることから、取引の自粛を含め、慎重に対応すること。
【具体的な対応については、下記のホームページをご参照ください】
 「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」
  
http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/kaisei-guideline.pdf
【個人情報保護法】
  
第15条 個人情報の利用目的の特定       第16条 目的外使用の禁止
  第17条 適正な取得                  第18条 取得時の利用目的の通知等
  第19条 個人データ内容の正確性の確保
     第20条 安全管理措置
  第21条・22条 従業員・委託先の監督
 「内部関係者の不正行為による情報漏洩を防止するセキュリティ対策の徹底」
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が策定した「組織における内部不正防止ガイドライン」に沿った点検を行って下さい。
 ※組織における内部不正防止ガイドライン
   http://www.ipa.go.jp/security/fy24/reports/insider/

 
※セキュリティ対策の見直しに関する注意喚起文
   https://www.ipa.go.jp/security/announce/20140710-insider.html

 
※営業秘密管理指針
   http://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/pdf/111216hontai.pdf

若年層ゴルファー創造企画「ゴルマジ!20」が8/4よりスタート 2014.08.04
【「ゴルマジ!20」概要】
 今年20歳を迎える若人に「ゴルフ場・ゴルフ練習場・ゴルフ用品」の各業界が、その保有するアセットを無料提供し、そのプロモーションをリクルート社が行う若年層ゴルファー創造企画「ゴルマジ!20」がスタートしました。
〔第1期「ゴルマジ!20」〕※今後5年間の継続企画となる予定
 ■対象者:     1994年4月2日〜1995年4月1日生まれの方
 ■期 間:      2014年8月4日〜2015年3月31日
〔「ゴルマジ!20」会員への提供内容〕
 ■ゴルフ場:    9ホール無料プレー
 ■ゴルフ練習場: 1時間(100球)無料
 ■ゴルフ用品:   レンタルクラブ無料貸出し
              (ゴルフセット貸出しは送料ゴルマジ会員負担)
〔参画施設提供〕
 ■公式サイト:   http://golf-jalan.net/golmaji20/

                 「ゴルマジ!20」協力メッセージ
                                一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会
                                     理事長   小栗 榮輝
【20歳の皆様へ】
 「青い空、白い雲、緑あふれる広大な空間」そんな自然の中で、友人や家族と白球を追いかける姿を想像してみてください。20歳だけのチャンスを逃さず、是非この機会に素晴らしいゴルフライフを手に入れることにチャレンジしては如何ですか。そこには、思いもかけない出会いや楽しさが必ずあるはずです。ゴルフ場、ゴルフ練習場、ゴルフ用品業界は、20歳の方々のゴルフデビューを応援します。
【ゴルフ場の皆様へ】
 参画下さったゴルフ場の皆様には、力を合わせて「20歳の若者を未来のゴルフ界を担うゴルファーに」を合言葉に粘り強く頑張りましょう。
 また、参画を見送られたゴルフ場の皆様には、「ゴルマジ!20」の目的をご理解いただき、再度検討いただきますようお願い申し上げます。ゴルフ界の未来は、ゴルフ関係者の一致団結した活動にかかっています。


「ゴルフ適正化法」に基づく協会名称変更完了 2014.07.02
「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律」基づく指定法人としての名称変更【一般社団法人 日本ゴルフ場経営者協会】が平成26年7月2日付官報に公示されました。
      平成26年7月2日付官報(第6323号)

「一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会」に名称変更
(旧名称:一般社団法人日本ゴルフ場事業協会)
2014.07.01  
協会名称を「一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会」に7月1日に改正致しました。
昭和44年に「ゴルフ場産業の地位向上とゴルフ場経営を取り囲む諸課題の解決を目指す」として「社団法人日本ゴルフ場連盟」として創設され、昭和50年に「社団法人日本ゴルフ場事業協会」に名称変更して今日に至っております。今般の改正は、唯一の全国組織としてのゴルフ場経営者団体との目的をより鮮明に表現することにより、脆弱ともいえるゴルフ場業界の組織化率をアップさせることを目的としたものであります。組織化率アップは、業界の抱える課題解決に欠かせない要素であり、全てのゴルフ場経営者に役立つとの信念を持つlております。
ゴルフ場関係者のみなさまのご理解を頂き、ゴルフ場業界の発展に寄与する協会として活動をさらに充実出せる所存でございますので、何卒ご支援とご協力をお願い申し上げます。

「経済センサス-基礎調査」、「商業統計調査」のお知らせと協力依頼 2014.05.12
  総務省・経済産業省では、平成26年7月に「経済センサス-基礎調査」と「商業統計調査」を一体的に実施します。

 ※「経済センサス-基礎調査」
  我が国全ての産業分野における事業所および企業の基本的構造を全国および地域別に明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の実施のための母集団情報を整備することを目的とする。

 ※「商業統計調査」
  我が国における商業の実態を明らかにし、商業に関する施策の基礎資料を得ることを目的とする。
上記の調査は、統計法(平成19年法律第53号)に基づいた報告義務のある調査(基幹統計調査)として実施されるものです。

 調査結果は、我が国の社会の発展を支える基礎資料として、国の各種行政施策をはじめ、地域の産業振興や商店街の活性化などの地方公共団体における行政施策、さらには民間企業における経営計画の策定など、さまざまな分野で活用されております。

 平成26年経済センサス-基礎調査 商業統計調査 事務局

「税抜価格による表示カルテル」を公正取引委員会に届出致しました。 2013.11.13
 平成26年4月1日より、消費税率が改正されます。
当事業協会では(「消費税率改正」に係る経過措置の取扱いと消費税転嫁対策特別措置法についてQ&A)を、1部 1000円にて販売致しております。ご希望の方は、当事業協会まで、お申し出願います。

  <税抜価格による表示カルテル」(「消費税転嫁対策特別措置法」による)について



ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律の概要とQ&A 2013.08.19
経済産業省商務情報政策局商取引監督課より「ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律の概要とQ&A」が提示されましたので、関係各位へ周知徹底されますように、お願い申し上げます。

     ,参考:ゴルフ場等に係る会員契約の適正化に関する法律の概要とQ&A>

小栗榮輝氏が理事長に就任 2013.05.23
5月23日開催の平成25年度第1回定時総会にて、満場一致を以って、小栗榮輝氏が理事長に選任され、就任いたしました。 引き続き、ご支援ご鞭撻を賜わりますようお願い申し上げます。

スキミングによる「偽造キャッシュカード被害」の未然防止に向けたご協力のお願い 2013.03.08

 昨年末に警察庁生活安全課より、主にゴルフ場のセーフティーボックスにて暗証番号を詐取して金融機関のキャッシュカードを偽造する「スキミング被害」が多発していることから、セーフティーボックスの管理・監視体制を強化してほしい旨の要請がございました。
 本年1月、全国銀行協会、3メガバンク金融犯罪対策室及び警視庁組織犯罪対策部と本件に対しての現状と対応策の意見交換会を実施致し、被害の未然防止推進の観点から、ゴルフ場を利用される方への注意喚起を行うためのチラシ『セーフティー・ボックスの「暗証番号」はキャッシュカードとは違う番号で!』を全国銀行協会が作成いたしましたので、当ホームページよりダウンロードして頂き、セーフティ−ボックスを利用されるお客様の目に留まりやすい場所へ掲出していただきたくご依頼申し上げます。
  <参照 ⇒『セーフティ・ボックスの「暗証番号」は、キャッシュカードとは違う番号で!』>




get Adobe Reader PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社より無償で配布されているAcrobat Reader が必要です。 アドビシステムズ、Acrobat Reader及びAcrobatのロゴマークはアドビシステムズ社の登録商標です。
リンク集個人情報保護方針について

一般社団法人日本ゴルフ場経営者協会
〒101-0048 東京都千代田区神田司町2-7-6鈴木ビル3階
TEL:03(5577)4368 FAX:03(5577)4381
copyright(c) NGK. All Rights Reserved.